時代を語る・矢口高雄(24)今日から君は「矢口」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
漫画家名の由来になった矢口渡駅
漫画家名の由来になった矢口渡駅

 漫画原作者として著名な梶原一騎さんと一緒に「織田信長」を連載する企画は、立ち消えになった。でも小学館としては、梶原さんとの接点をみすみす失うわけにはいかない。そこで急きょ「おとこ道」という作品に切り替えてオリジナルの連載をすることになったんだ。

 差し当たって、編集者が東京・新宿の料亭で一席を設けてくれた。初対面の梶原さんは、私が作画したキャラクターを見て「好きな絵だ」なんて褒めてくれた。打ち解けていくとペンネームに話が及び、梶原さんが「高橋高雄って本名はいかにもパンチ力に欠けるねえ。別のを考えよう」と言いだした。

(全文 775 文字 / 残り 515 文字)

この連載企画の記事一覧