スウィフトさん、前所属先と対立 米人気歌手、過去の楽曲巡り

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
テイラー・スウィフトさん=8月、ニューアーク(ロイター=共同)
テイラー・スウィフトさん=8月、ニューアーク(ロイター=共同)

 【ロサンゼルス共同】米人気歌手テイラー・スウィフトさん(29)が15日までに、かつて所属していたレコード会社が今月行われる「アメリカン・ミュージック・アワード」の授賞式でこれまでのヒット曲の演奏を「認めようとしない」と非難する声明を発表した。同社は否定しているが、過去の楽曲を巡る双方の対立激化が表面化。若手アーティストからスウィフトさん支持の声が相次いでいる。

 前所属レコード会社はカントリー音楽専門の「ビッグ・マシン・レーベル・グループ」。デビュー作から6枚目の「レピュテーション」までの権利を保有しており、スウィフトさんとのいさかいが伝えられていた。