時代を語る・矢口高雄(25)「幻の怪蛇」大ヒット

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ツイッターに載せたバチヘビのイラスト
ツイッターに載せたバチヘビのイラスト

 他の作家の原作で漫画を描いても人気が出ない。それならオリジナルの漫画で勝負しよう。そう決心してあれこれ題材を思案するうち、アユの友釣りの面白さを描いたデビュー作「鮎」(少年サンデー)が人気2位になったことを思い出した。「そうだ、釣りの話がいい」

 それで手掛けたのが読み切り連載の「釣りバカたち」(週刊漫画アクション)。「一話完結の作品を連載したい。キャラクターも魚も釣り方も毎回変えて、釣りに取りつかれた男たちのドラマを描かせてほしい」と売り込んで、実現したわけだ。

(全文 780 文字 / 残り 546 文字)

この連載企画の記事一覧