横手の課題に“中学生議員”が政策提言 模擬議会でアピール

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
横手市当局に政策提案する中学生
横手市当局に政策提案する中学生

 秋田県横手市内全7中学校の生徒会が市当局に政策提案する模擬議会が14日、市議会議場で開かれた。生徒は伝統文化の継承など市の課題解決に向けたアイデアをアピールした。

 各校の3年生計21人が中学生議員として議員席に座り、質問席から意見を述べた。

 増田中は「増田盆おどり」をはじめとする伝統文化の継承者不足が深刻だとし、「興味を持ってもらうため、学校に講師を招いたり、市と地域と学校が一体となって担い手を育成したりしてはどうか」と呼び掛けた。

(全文 481 文字 / 残り 262 文字)