逮捕の妻「3人を殺害」、福井 男性に後遺症、母要介護

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
3人の遺体が見つかった住宅=17日午後1時20分、福井県敦賀市(共同通信社ヘリから)
3人の遺体が見つかった住宅=17日午後1時20分、福井県敦賀市(共同通信社ヘリから)

 福井県敦賀市の住宅で住人の親子3人の遺体が見つかった事件で3人のうち、会社役員岸本太喜雄さん(70)が軽い脳梗塞の後遺症で足が不自由になり、母の志のぶさん(95)が要介護1の認定を受けていたことが18日、県警への取材で分かった。太喜雄さんに対する殺人容疑で逮捕された妻で会社役員の政子容疑者(71)は「3人の首を絞めて殺害した」と供述しているという。

 もう1人は父の芳雄さん(93)で、政子容疑者が3人を介護。県警は介護疲れが動機の可能性もあるとみている。18日、住宅を現場検証した。

 逮捕容疑は17日未明、自宅で太喜雄さんの首を絞めるなどして殺害した疑い。