スケボー、白井が初優勝 五輪予選大会、岡本もV

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
スケートボードのSTUオープン、男子ストリートで優勝した白井空良=リオデジャネイロ(共同)
スケートボードのSTUオープン、男子ストリートで優勝した白井空良=リオデジャネイロ(共同)

 【リオデジャネイロ共同】スケートボードの東京五輪予選対象大会の今季開幕戦となるSTUオープンは17日、リオデジャネイロで各種目の決勝が行われ、男子ストリートは18歳の白井空良(ムラサキスポーツ)が35・34点で優勝した。昨季から通して6戦目となる五輪予選大会で初勝利。堀米雄斗(XFLAG)は32・29点で5位だった。

 女子のパークは13歳の岡本碧優(Proshop Bells)が62・67点で制し、昨季から4戦4勝とした。四十住さくら(和歌山・伊都中央高)が58・00点で2位に入った。ストリートは西村碧莉(木下グループ)が15・60点で3位。