沢尻容疑者「10年以上前から」 MDMA以外も薬物複数使用か

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
2010年、記者会見であいさつする沢尻エリカ容疑者
2010年、記者会見であいさつする沢尻エリカ容疑者

 合成麻薬MDMAの所持容疑で逮捕された女優の沢尻エリカ容疑者(33)が「10年以上前から違法薬物を使用していた」と供述していることが18日、捜査関係者への取材で分かった。MDMA以外にも複数の種類の違法薬物を使っていたことをほのめかしているといい、警視庁組織犯罪対策5課が捜査している。

 組対5課が「沢尻容疑者はクラブのイベントで違法薬物を入手している」などの情報提供を受けて内偵捜査していたことも判明。同課は押収した携帯電話を解析するなどMDMAの入手ルートを調べている。

 情報提供があったのは約1カ月前で、MDMAとは別の違法薬物に関する内容だったという。