季節ハタハタ、初漁予想は24日 過去2番目の早さ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県水産振興センターは19日、2019年のハタハタ漁期(9月~20年6月)の季節漁の初漁日を、過去2番目に早い今月24日ごろと予測したと発表した。

 初漁日はまとまった水揚げがあり、初競りが開かれる日。底引き網漁調査で採取した雌の卵巣重量などを基にセンターが予測している。今年は卵巣の成熟が例年より早く、初漁日を24日の前後3日間(今月21日~27日)と決めた。これは予測を始めた1983年以降、最も早かった2016年の11月23日に次ぐ早さ。

(全文 537 文字 / 残り 314 文字)