名称「あきた芸術劇場」のままで 新文化施設で秋田市

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田市は19日、県と共同で県民会館跡地(千秋明徳町)に整備する新文化施設の名称を「あきた芸術劇場」とし、26日開会の11月定例会に設置条例案を提出することを明らかにした。同日開かれた市議会総務委員会で説明した。県も同様の条例案を12月県議会に出す方針。

 同委員会で市企画調整課の齋藤一洋課長は、10月に市文化団体連盟や県芸術文化協会の役員を対象に行った意見交換について説明。「シンプルで分かりやすい」「秋田をひらがな表記にしたことで柔らかい印象を持った」などの声が上がったとし、「強い反対意見はなく、おおむね肯定的な意見をもらった」と述べ、理解を求めた。

(全文 650 文字 / 残り 372 文字)