将棋、藤井がタイトル挑戦ならず 王将戦、竜王に敗北

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
第69期王将戦挑戦者決定リーグで広瀬章人竜王(後ろ姿)に敗れた藤井聡太七段=19日夜、東京都渋谷区の将棋会館
第69期王将戦挑戦者決定リーグで広瀬章人竜王(後ろ姿)に敗れた藤井聡太七段=19日夜、東京都渋谷区の将棋会館

 将棋の高校生プロ、藤井聡太七段(17)は19日、東京都渋谷区の将棋会館で指された第69期王将戦挑戦者決定リーグで広瀬章人竜王(32)に敗れ、通算成績4勝2敗に終わり、タイトル初挑戦はならなかった。5勝1敗の広瀬竜王が7番勝負出場を決めた。

 タイトル戦登場の最年少は1989年、屋敷伸之九段(47)の17歳10カ月。藤井七段がこの記録を更新する可能性があるのは、来年6月に5番勝負が開幕予定の棋聖戦のみとなった。獲得で最も若いのは、屋敷九段の18歳6カ月。

 藤井七段は「難しくなったと思ったが、最後間違えてしまった。結果としては、これが実力かなと思う」と話した。