ドラマ『聖☆おにいさん第III紀』来年1月放送 原作者が映像初出演でコメント

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ドラマ『聖☆おにいさん 第III紀』NHKで放送決定(左から)イエス(松山ケンイチ)、どーもくん、ブッダ(染谷将太)※ドラマにどーもくんは登場しません(C)中村光・講談社/パンチとロン毛 制作委員会(C)NHK・TYO
ドラマ『聖☆おにいさん 第III紀』NHKで放送決定(左から)イエス(松山ケンイチ)、どーもくん、ブッダ(染谷将太)※ドラマにどーもくんは登場しません(C)中村光・講談社/パンチとロン毛 制作委員会(C)NHK・TYO

 NHK・総合テレビで今年6月に『聖☆おにいさん』、10月に『聖☆おにいさん 第II紀』が放送されのに続き、最新作『聖☆おにいさん 第III紀』が来年1月11日と18日(両日とも 後11:30~)に2週続で放送されることが決定した。今回はNHKが本邦初公開での放送となる。

【動画】『第III紀』放送決定記念コメント映像

 累計発行部数1600万部超の中村光氏の原作の同名漫画をもとに、福田雄一氏が 監督・ 脚本を務め 、俳優・山田孝之が制作統括としてプロデュースするコメディードラマの第3弾。前作に引き続き、東京・立川でアパートをシェアし、下界でバカンスを過ごしている神の子イエスを松山ケンイチが、目覚めた人ブッダを染谷将太が演じる。

 第III紀では、相変わらずの下界生活を楽しむ聖人コンビが、商店街の漫才コンテストに挑むためにネタ作りに励んだり、暑さをしのぐために入ったファミリーレストランでドリンクバーの元をとるために長時間滞在したり、カラオケボックスでふたりの独特の歌い方のせいで神がかり的な演出を起こしてしまったりと、騒がしくもほっこりする日常生活が描かれる。

 放送決定を記念し収録されたコメント映像では、制作統括の山田に加え、原作者・中村光氏が映像初出演。2人は第III紀の注目ポイントとして、これまで見せてこなかった「ブッダの歌唱シーン」(「NO MUSIC,No LIFE」より)を見どころにあげている。

■放送予定
総合テレビ:2020年1月11日・18日(土曜 後11:30※2週連続放送)

■放送内容
第1回(1月11日放送予定)
「初舞台」「オータム・オブ・ザ・リビングデッド」「愛、さんさんと!」「ぬくぬく大作戦!!」「地面に近づくほど増えるやつら」

第2回(1月18日放送予定)
「夏の元気なごあいさつ」「納涼ハンター(2)」「もちろん踵は0インチ」「コチコチとグニャグニャの間」「NO MUSIC,NO LIFE」

※台風19号の影響で放送を休止した『聖☆おにいさん第II紀』第2回(「割れろ、腹筋!」「納涼ハンター」「いいね・LIKE・既読」「りんご注意報!」「立川の風になれ!」)は、第III紀の放送にあわせて、2020年1月25日(後11:30~)に放送予定。

オリコンニュース