佐竹知事「調整難しい」 河野防衛相への申し入れ時期

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
佐竹敬久知事
佐竹敬久知事

 政府が秋田市の陸上自衛隊新屋演習場への配備を計画している地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を巡り、佐竹敬久知事は19日、河野太郎防衛相に申し入れをする時期について「お互いにさまざまな用件があり時間調整が難しい」と述べ、想定していた12月県議会(26日開会)前の面談はできないとの見通しを示した。東京・平河町の都道府県会館で開いた本県関係の自民党国会議員との意見交換会で明らかにした。

 佐竹知事は住宅地に近い新屋演習場を適地とした選定過程への疑問を伝え、住民の安全対策などを説明するよう申し入れるため、12月県議会前に河野防衛相と面談する方向で調整を進めていた。

(全文 597 文字 / 残り 311 文字)

秋田の最新ニュース