韓国トッププロ棋士、李九段引退 AIのアルファ碁に1勝

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
韓国のプロ棋士、李世ドル九段=2017年2月、東京都文京区
韓国のプロ棋士、李世ドル九段=2017年2月、東京都文京区

 【ソウル共同】人工知能(AI)を用いた囲碁ソフト「アルファ碁」との対局が話題を呼んだ韓国のトッププロ棋士、李世ドル九段(36)が19日、韓国棋院に辞職願を提出し、引退を表明した。韓国メディアによると「一身上の都合」を理由としている。

 李九段は2016年にアルファ碁との対局で1勝4敗を記録し、AIに一矢報いたことが世界的な注目を集めた。韓国メディアは引退に際し「アルファ碁に勝利した人類で唯一のプロ棋士」と称賛した。最近は成績が振るわず、今年に入ってから引退をほのめかすことがあったという。

 李九段は1995年に韓国でプロ入り。数々のタイトルを勝ち取ってきた。