加山雄三さんが退院、後遺症なし 軽い脳梗塞、芸能活動を再開へ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
加山雄三さん
加山雄三さん

 軽い脳梗塞を発症し、入院していた歌手で俳優の加山雄三さん(82)が退院したと所属レコード会社が20日、発表した。加山さんは検査の結果、後遺症や障害は一切ないと診断され、芸能活動を再開するとしている。

 所属レコード会社によると、8日に不調を訴えて入院したが19日に退院した。11月のコンサートを延期するなどしており、所属事務所は「大変なご迷惑とご心配をおかけし、心よりおわび申し上げます」とコメントした。