ボージョレ・ヌーボー解禁 こくがあるマイルドな味

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
こだわりの銘柄を並べる後藤酒店=秋田市保戸野
こだわりの銘柄を並べる後藤酒店=秋田市保戸野

 フランス産の新酒ワイン「ボージョレ・ヌーボー」が21日午前0時、解禁された。秋田県ワイン協議会の小西亨一郎会長(59)によると、今年は夏の降雨量が少なかったことでブドウの糖度が増し、こくがあるマイルドな味に仕上がっているという。

 1980年から取り扱っている後藤酒店(秋田市保戸野)は、2千~5千円台の7種類をそろえる。最近の傾向は量より質で、毎年同じ銘柄を選んだり、数種類を友人らと分けて飲み比べたりする客が多いという。

(全文 666 文字 / 残り 454 文字)