イオン新能代SC、21年にも開業 造成、来春から本格化

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
2021年春にもオープンするイオン新能代ショッピングセンター(仮称)の建設地
2021年春にもオープンするイオン新能代ショッピングセンター(仮称)の建設地

 イオンモール(千葉市)は20日、秋田県能代市鰄渕(かいらげふち)の秋田自動車道・能代東インターチェンジ近くに出店を計画する「イオン新能代ショッピングセンター(SC)」(仮称)について、2021年春の開業を目指していることを明らかにした。建設地の地盤沈下が収束しつつあり、造成工事を来年春に本格化させられる見通しが立ったとしている。

 同社の出店計画によると、新能代SCは敷地面積9万1800平方メートル、店舗面積2万2850平方メートル。県北地区で最大規模の大型小売店となる。

(全文 474 文字 / 残り 236 文字)