おしゃれの喜びを広く 介護士資格持つ美容師が美容室開店

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
車椅子に乗った客を洗髪する今野さん
車椅子に乗った客を洗髪する今野さん

 美容師と介護士(ホームヘルパー)の資格を持つ由利本荘市藤崎の今野政子さん(65)が22日、自宅敷地内に美容室「かみきりや」をオープンする。二つの資格を生かし、車椅子利用者や高齢者でも安心して美容サービスを受けられる空間を提供する。今野さんは「何歳になっても体が不自由でも、おしゃれをして、明るく前向きに人生を楽しんでもらえるようにしたい」と張り切っている。

 かみきりやは、車庫を改修した30平方メートルほどのスペース。バリアフリー構造で、車椅子に乗ったまま全てのサービスを受けられるよう配慮している。

 出入り口にはスロープを設け、トイレも広さを確保した。洗髪するためのシャンプーボウルは通常より約7センチ低く設置し、車椅子のまま前かがみになれば利用できる。店内には車椅子1台も常備した。

 プレオープンの16日に訪れた同市川口の三浦キミさん(87)は「車椅子だと転ぶ心配もないし、楽でいい。何歳になってもおしゃれはしたい。こういう場ができてありがたい」と笑顔を見せた。

(全文 1091 文字 / 残り 657 文字)