農水省官民ファンド、投資停止へ 累損膨らみ継続困難

お気に入りに登録

 農林水産省所管の官民ファンド「農林漁業成長産業化支援機構」(A―FIVE)が2020年度末にも新規投資を停止することが21日、財務省への取材で分かった。累積損失が膨らみ続け、財務省と農水省は現在のビジネスモデルでの継続は難しいと判断した。新たな投資は現在検討中の案件を除き当面控えるとみられ、既存の投資の回収を進める。

 安倍政権にとって農林水産業の成長産業化に向けた取り組みの一つがつまずいた格好だ。財務省は20年度にA―FIVEが要求している115億円の財政投融資も大幅に削減する見通しだ。