シリア安全地帯計画「支援を」 トルコ外相、日本に期待

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
トルコのチャブシオール外相(トルコ外務省提供・共同)
トルコのチャブシオール外相(トルコ外務省提供・共同)

 【イスタンブール共同】トルコのチャブシオール外相は21日までに、トルコが10月侵攻した隣国シリア北部の国境地帯に設置を狙う「安全地帯」計画について、日本を含む20カ国・地域(G20)各国からの支援に期待を表明した。22、23日に名古屋市で開かれるG20外相会合を前に、共同通信の書面取材に応じた。

 トルコは国内に抱える多数のシリア難民を安全地帯に帰還させたい考え。侵攻作戦に国際社会から懸念や批判が出たが、外相は計画への協力を求めた。日本メディアの外相取材は作戦後初めて。