「真意は?」菅氏発言が波紋 関係者にさまざまな受け止め

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
記者会見する菅官房長官=21日午前、首相官邸
記者会見する菅官房長官=21日午前、首相官邸

 地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画を巡り、菅義偉官房長官が21日の記者会見で、住宅地との距離を考慮する考えを改めて示した。配備計画の行く末を大きく左右すると受け取れる政権スポークスマンの発言は何を意味するのか。「重い発言だ」「まだ安心できない」―。関係者らにさまざまな受け止めが広がった。

 菅氏は20日に佐竹敬久知事と首相官邸で面談し「再調査では住宅地との距離も考慮して評価するよう、防衛省に指示した」と伝えた。21日の会見でも、配備先として「適地」とされた秋田市の陸上自衛隊新屋演習場が住宅密集地に近いことを踏まえ「ゼロベースで検討していく」と強調した。

 報道陣にこの受け止めを問われた佐竹知事は「新屋以外になるのが自然な流れ」との認識を示しつつ「(再調査の)最終結果が出るまでは安心できない」と話した。秋田市の穂積志市長は定例会見で「非常に重い発言だ」とし、「常識で考えると、そこ(新屋演習場)は除外されるのが普通ではないか」と指摘した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1258 文字 / 残り 826 文字)

秋田の最新ニュース