男鹿に木造船漂着、八峰には木片 周囲に不審者情報なし

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
男鹿市野石字申川の海岸に漂着した木造船(21日午後2時ごろ撮影)
男鹿市野石字申川の海岸に漂着した木造船(21日午後2時ごろ撮影)

 20日夕から21日昼にかけ、秋田県八峰町と男鹿市の海岸に木造船などが漂着した。秋田海上保安部によると、周囲に不審者の情報はない。

 21日正午ごろ、男鹿市野石字申川に漂着した木造船を同市の男性が発見し、男鹿署を通じて秋田海保に通報した。木造船は長さ約13・6メートル、幅約3・4メートルで、船内に船籍を特定できるものはなかった。船体に赤で3桁と5桁の数字が書かれていた。

(全文 297 文字 / 残り 112 文字)