トイレ洋式化などに6億2702万 秋田市11月補正予算案

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市役所(資料写真)
秋田市役所(資料写真)

 秋田市は21日、市議会11月定例会に提出する総額6億2702万円の2019年度一般会計補正予算案を発表した。市立小中学校にあるトイレの洋式化改修にかかる経費や、多世帯同居を促す補助金の増額などを盛り込んだ。補正後の累計は1370億9699万円。

 トイレの洋式化は上北手小と城東中、秋田東中、秋田西中の4校で計画。総額3億2344万円を投じる。多世帯で同居したり親や子の近隣に転居したりする際の住宅の新築、購入費用を100万円を上限に助成する事業では、3800万円を増額する。このほか、市内幼稚園、こども園のブロック塀改修に対する補助金は116万円。

(全文 414 文字 / 残り 139 文字)