「ザ・キングライオン」20周年 秋田拠点のスカバンド

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
結成20周年を迎えたザ・キングライオン=撮影・多勢裕哉(音撮)
結成20周年を迎えたザ・キングライオン=撮影・多勢裕哉(音撮)

 1950年代から60年代にかけてジャマイカで生まれた音楽「スカ」。秋田県内を拠点にその演奏を続けてきたスカバンド「The KING LION(ザ・キングライオン)」が結成20周年を迎えた。27日には記念アルバム「BLANK」を日本のほか米国、英国、ドイツなどでリリースする。結成メンバーでウッドベース奏者のビリケン(41)=秋田市=は「長く活動しているバンドはたくさんあって、20年はまだまだひよっこ。秋田からどんな面白い活動を世界に発信できるか、これからも追求していきたい」とコメントした。

 スカは管楽器が生む軽快な音と裏拍のリズムが特徴だ。ザ・キングライオンは99年に結成。当時、国内でスカは広まりつつあったが、県内にはまだスカバンドがなかったという。

(全文 1095 文字 / 残り 766 文字)