特産品コンテスト、本県の2点入賞 県勢、6年連続

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
マルイシ食品の「いぶりたけのこハーフ」
マルイシ食品の「いぶりたけのこハーフ」

 全国商工会連合会主催の「2019年度むらおこし特産品コンテスト」で、秋田県北秋田市綴子のマルイシ食品が製造販売する「いぶりたけのこハーフ」と、鹿角市十和田のアートフォルムの「ひねり髪すき中杢(なかもく)」が審査員特別賞に選ばれた。本県からの入賞は6年連続。

 「いぶりたけのこ」は04年に商品化。タケノコの歯触りの良い食感を残すため、水分が30%抜けるまで丁寧に焼いている。焼き色が食欲をそそる。焼いた後に比内地鶏のスープに2日間漬け、味を染み込ませている。内容量は約200グラム。県内各地の道の駅や土産品店で販売している。オープン価格。

 「ひねり髪すき」は、折れずに長く使えるくしがほしいとの声を受け、09年に商品化された。長さ13センチ、幅5センチ。使用する木材は、成長が遅いために繊維が緻密で堅いオノオレカンバ。頭の形にフィットするよう削り出し、緩やかな曲線を持つモダンなデザインに仕上げた。税込み3万3千円。道の駅おおゆなどで購入できる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 702 文字 / 残り 279 文字)