地方点描:介護福祉の道[大曲支局美郷町駐在]

お気に入りに登録

 実習着をまとって介護の手ほどきをする姿は高校生ではなく、介護福祉士のように見えた。

 県内の高校で唯一、福祉科を設ける美郷町の六郷高校で先日、町内の小学6年生を対象にした介護福祉の体験学習が行われた。講師を務めた同科の3年生19人は介護福祉士を目指し、周辺地域の介護施設で約半年の実習を積んできただけあって、児童への助言はきめ細かかった。

 寝床を整える際は介護を受ける人が枕のカバーを外してしまわないよう、取り換え口を利き手の反対側にすることや、車いすで段差を越えるときは「車いすの前の方が上がりますよ」など逐一声を掛けることを伝えた。

(全文 612 文字 / 残り 344 文字)