時代を語る・矢口高雄(31)生まれ故郷こそ強み

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ヤマケイ文庫から出版されたシリーズ物
ヤマケイ文庫から出版されたシリーズ物

 漫画家になる夢を抱かせてくれた手塚治虫先生は、ずばり言った。「漫画の唯一無二の使命は面白いことだ」と。おかしさというのは面白さの一要素であって、怖い話も悲しい物語もサスペンスも痛快ドラマも全て面白さに含まれるというわけだ。

 私は面白さに加え、漫画に思想性のようなものも込めた。そのために大事にしたのが、世の中でオンリーワンのジャンルを描くこと。手塚先生にだって描けないテーマを手掛ける。それは何かと言ったら、生まれ育った村を舞台にした物語や自ら経験した百姓のドラマなわけだ。山や川や土を知っていることが、漫画界を生き抜く糧になったんだね。

(全文 776 文字 / 残り 506 文字)

この連載企画の記事一覧