石坂洋次郎の旅跡たどる企画展 横手市の記念館

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
石坂洋次郎の旅跡をたどる企画展
石坂洋次郎の旅跡をたどる企画展

 秋田県横手市ゆかりの作家・石坂洋次郎(1900~86年)の旅跡をたどる企画展が、同市の石坂洋次郎文学記念館で開かれている。写真や旅に関する随筆を展示している。12月1日まで。市教育委員会などの主催。

 石坂は青森県弘前市出身。26年から13年間、旧横手高等女学校(現横手城南高)と旧制横手中(現横手高)で教員を務めた。200近い小説を発表。数々のヒット作品を生み出し、三田文学賞を受賞した「若い人」などが知られている。

  会場にはフランスの凱旋(がいせん)門やドイツのライン川を訪れて撮影した記念写真などが並ぶ。石坂は54年に欧州を旅し、その前に米国人と結婚した三女に会うため妻と米国を訪れている。

 午前9時~午後4時半。会期中は無休。入館料100円(中学生以下無料)。問い合わせは同館TEL0182・33・5052

(全文 617 文字 / 残り 259 文字)