新会長に田口成浩選手(仙北市出身) 日本バスケ選手会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
6月下旬に仙北市で開かれた後援会の懇親会で秋田のファンらに感謝の言葉を述べる田口選手
6月下旬に仙北市で開かれた後援会の懇親会で秋田のファンらに感謝の言葉を述べる田口選手

 日本バスケットボール選手会は25日、新会長に男子Bリーグ1部(B1)千葉の田口成浩(仙北市出身)が就任したと発表した。3代目の会長で、初代の岡田優介(京都)、2代目の竹内譲次(A東京)はいずれも3年務めている。副会長には篠山竜青(川崎)、ベンドラメ礼生(SR渋谷)ら6人が就いた。

(全文 210 文字 / 残り 69 文字)