「秋田犬」中国で好感触 大館市長「機を逃さず対応」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田犬(資料写真)
秋田犬(資料写真)

 秋田県大館市議会の12月定例会が26日、開会した。福原淳嗣市長は行政報告で、10日から3日間、中国・大連市を佐竹敬久知事らと訪問したことを説明。現地の旅行代理店約40社に、観光交流施設「秋田犬の里」や、旧小坂鉄道のレールバイク体験などを紹介して好感触を得たとし、「興味を抱いたエージェントにモニターツアーを提案するなど、機を逃さぬようスピード感を持って対応していく」と話した。

(全文 292 文字 / 残り 103 文字)