「期待の若手シェフ」秋田市でフレンチ 首都圏の集客目指す

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
コース料理のオードブルの一例。タラの白子のムニエル
コース料理のオードブルの一例。タラの白子のムニエル

 フランスの有名なレストランガイドブック「ゴ・エ・ミヨ」の2018年日本版で、「期待の若手シェフ賞」に選ばれた澁谷瑛子さん(35)=秋田県由利本荘市出身=が、秋田市大町にフランス料理店「SOUS-SUS(スシュ)」を開いた。「首都圏からお客さんを呼べる店をつくりたい」と意気込んでいる。

 ゴ・エ・ミヨは料理評論家の2人が1969年に創刊。料理店を20点満点で評価し、ミシュランガイドと並ぶ影響力を持つとされる。シェフやソムリエの個人賞も設けている。2017年に日本版が発売された。澁谷さんが下積み時代から約13年勤務し、料理長を約3年半務めた東京・代官山のフランス料理店「ル・プティ・ブドン」が掲載されている。

(全文 689 文字 / 残り 384 文字)