缶ビールから除草剤成分 横手・自販機で発見、底から液漏れ

お気に入りに登録

 秋田県警横手署は29日、横手市増田町の自動販売機で見つかった缶ビール(350ミリリットル)から除草剤成分「パラコート」を検出したと発表した。同署は販売機の設置店に対する威力業務妨害の疑いで捜査し、混入の経緯を調べる。

 同署によると問題の缶ビールは13日午後6時ごろ、商店前の自動販売機で別の缶ビール(同)を買った同市の30代男性が発見。購入した物と銘柄が違い、この販売機で売っていない商品だったため70代男性店主に渡した。缶の底から液体が漏れていたため店主が缶を開け、中の青っぽい液体を捨てた。店主は悪質ないたずらと考えたが、不安になって増田幹部交番に20日に空き缶を届け出た。缶に残った液体を県警本部が鑑定した。

(全文 422 文字 / 残り 114 文字)