遠い風近い風[宮田陽]トリの重圧

会員向け記事
お気に入りに登録

 私が所属している漫才協会は毎月1日から19日まで、浅草東洋館という演芸場で、「漫才大行進」という公演を行っている。毎日二十数組の芸人が、入れ替わり舞台に上がるので、舞台袖には常に次の出演芸人が待機しているのだが、そこではさまざまな事件が巻き起こる。

 持ち時間10分のところを8分で下りてきたコンビに「時間を守れ!」と激怒したある師匠。しかし、その師匠が舞台に上がると、まさかの6分で下りてきた。急いで次の出演者を呼びに楽屋へ走る若手。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1235 文字 / 残り 1017 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース