公立高入試願書の性別欄削除 来年から、性的少数者に配慮

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県内公立高校の入学願書にある「性別欄」が、2020年実施の入試から削除されることになった。出生時の性別と自認する性別が異なる「トランスジェンダー」などの受験生が、性別を書く際に受ける心理的な負担を少しでも軽減するためだ。県教育庁高校教育課の担当者は「性別は選抜に必要な情報ではない。性別を書くことに抵抗のある生徒への配慮が必要」と話している。

 従来の入学願書には「男女」どちらかに丸をする選択式の性別欄があったが、新しい願書ではこの性別欄がなくなる。来年1月に行われる前期選抜と同3月の一般選抜、2次募集から採用される。

 公立高のほか、県立の中学校3校と特別支援学校の幼稚部、高等部、高等部専攻科の願書からも性別欄を削除する。

(全文 894 文字 / 残り 578 文字)