ポインセチア色鮮やか ブルーメッセに恒例タワーお目見え

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
地元農家が育てたポインセチア千鉢を積み上げたタワー
地元農家が育てたポインセチア千鉢を積み上げたタワー

 秋田県潟上市昭和のブルーメッセあきたの観賞温室に30日、毎年恒例のポインセチアタワーがお目見えした。訪れた人たちはタワーの前で写真を撮ったりしながら、一足早いクリスマスムードを楽しんでいた。

 地元の花卉(かき)農家が栽培した約千鉢を使用し、高さは約4メートル。赤、ピンク、白の鉢植えをピラミッド形に積み上げ、頂上にはプレゼント箱から顔を出すサンタクロースの風船人形を飾り付けた。

(全文 367 文字 / 残り 177 文字)

同じキーワードのイベント情報