春高バレー、雄物川は松阪工と激突 秋田北は長岡商

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 来月5日に東京都で開幕する第72回全日本バレーボール高校選手権大会(春高バレー)の組み合わせ抽選会が1日、都内で行われた。秋田県勢は男女とも5日の1回戦から登場。男子の雄物川は松阪工(三重)、女子の秋田北は長岡商(新潟)とそれぞれ対戦する。

 雄物川は25年連続25度目の出場。前回は5大会ぶりに初戦を突破し、勢いに乗って8強に進出した。前回の大会を経験している最上颯汰(3年)、1年生サウスポーの石塚蓮ら決定力の高いアタッカー陣の出来が上位進出の鍵を握る。

 2年連続4度目の出場の秋田北は、経験豊富な大黒柱野中瑠衣(3年)が攻守でチームをけん引。セッター小西愛和(同)とのコンビで打点の高いスパイクを放ち、強烈なサーブでも得点を重ねる。初戦敗退に終わった前回の悔しさを晴らしたい。

(全文 576 文字 / 残り 235 文字)