おもちゃ美術館、光に包まれ… 由利本荘、1月まで夜間点灯

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
イチョウの木や生け垣が約1万個の電飾に彩られた鳥海山木のおもちゃ美術館
イチョウの木や生け垣が約1万個の電飾に彩られた鳥海山木のおもちゃ美術館

 秋田県由利本荘市町村(まちむら)の鳥海山木のおもちゃ美術館前にクリスマスイルミネーションがお目見えした。イチョウの木とその左右の生け垣を、電飾の光が彩る。市内外の有志でつくる「鮎の風実行委員会」(小沢茂会長)の企画。

 発光ダイオード(LED)約1万個を使用。イチョウの木は緑とオレンジ、生け垣は青とピンクに彩った。

 30日夕に点灯式を行い、鳥海山ろく線の列車が近くを通過するタイミングに合わせて電飾を一斉にともした。由利小4年の木内陽莉(ひま/り)さんは「色合いがとてもいい。いい思い出になる」と話した。

(全文 384 文字 / 残り 131 文字)