カード詐取容疑、320万引き出す? 仙台の女再逮捕、県警

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田中央署(資料写真)
秋田中央署(資料写真)

 青森県八戸市の80代女性からキャッシュカードをだまし取ったとして、秋田中央署と県警捜査2課は2日、詐欺の疑いで仙台市の無職の女(21)を再逮捕した。同署は容疑者がこのキャッシュカードで現金約320万円を引き出したとみて調べている。

 再逮捕容疑は先月4日、容疑者と共謀した何者かが市役所職員をかたって「医療保険料の還付金がある。手続きにキャッシュカードが必要だが、新しいものと交換しなければいけない」などと女性宅にうその電話をかけ、その後で金融機関の職員を装った容疑者が女性宅を訪れてキャッシュカード1枚をだまし取った疑い。容疑者は、八戸市に実在する金融機関の名をかたったという。容疑を認めている。

(全文 380 文字 / 残り 81 文字)