「再編・統合」対象、「扇田病院は存続」 大館市長が明言

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県大館市の福原淳嗣市長は2日の市議会12月定例会の一般質問で、厚生労働省が9月に再編・統合の議論が必要な公立・公的病院の一つとして公表した市立扇田病院(比内町扇田)について「なくなることはない。存続」と、自身の考えを述べた。

 同病院は整形外科や眼科など五つの診療科を備え、在宅医療も積極的に推進している。病床数は104床。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 446 文字 / 残り 282 文字)

秋田の最新ニュース