イルミネーションで幻想的に 秋大手形キャンパス

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
2日に始まったイルミネーション。雨にぬれた地面に反射し、一層輝いた
2日に始まったイルミネーション。雨にぬれた地面に反射し、一層輝いた

 秋田大学手形キャンパス(秋田市)の正門近くの広場で2日、発光ダイオード(LED)3万3700個を使ったイルミネーションの点灯が始まった。来年2月25日まで毎日午後4~9時に点灯する。

 広場の中心に、クリスマスツリーに見立てた高さ約6メートルのオブジェを設置。青や白、黄色の光を放っている。近くの松の木にもLEDが飾られ、辺りは幻想的な雰囲気に包まれた。

(全文 314 文字 / 残り 137 文字)