テレビが映らない! 潟上市で受信障害、風車新設が原因か

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県潟上市天王の広い範囲で今夏から、テレビ放送が正常に受信できなくなっている。近くの海岸に建設された2カ所の風力発電所が原因で電波障害が起きたとみられる。発電事業者は各家庭の状況を聞き取り、住民説明会を開いたりアンテナを改修したりして対応。事業と直接関係のない潟上市にも連日苦情が寄せられ、住民は業者や県に「対応が遅い」と不満を募らせる。

 秋田、潟上両市の県有保安林では今秋までに、「A―WIND ENERGY(エーウインドエナジー)」が風車17基(A―WINDかたがみ風力発電所)、「秋田潟上ウインドファーム合同会社」が22基(秋田潟上ウインドファーム発電所)をそれぞれ建設した。どちらも県の公募事業。

 潟上市によると、タワー(風車の支柱)が立ち並んだ8月ごろから、市に「テレビの映りが悪くなった」「見られなくなった」といった苦情が寄せられている。

(全文 962 文字 / 残り 585 文字)