優良企業にローカルパワー選出 米調査会社、技術力を評価

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
表彰式で笑顔を見せる寺田社長(右)とフロスト&サリバンのシシリア・チャン営業担当上級副社長
表彰式で笑顔を見せる寺田社長(右)とフロスト&サリバンのシシリア・チャン営業担当上級副社長

 世界の市場調査やコンサルティング業務などを手掛ける「フロスト&サリバン」(米国)が優れた企業を表彰する「2019ベストプラクティスアワード」で、除菌消臭水を製造・販売しているローカルパワー(秋田市)が、アジア太平洋地域のヘルスケア産業部門のイノベーション賞に選ばれた。アジア太平洋地域で県内企業が受賞するのは初めて。

 ローカルパワーは2013年創業。従業員14人。昨年度の売上高は2億6千万円。同社によると、主力商品の除菌消臭水「アイポッシュ」は全国の薬局、介護施設、学校などで使用されている。フロスト&サリバンによると、同商品は強い除菌力と高い安全性を兼ね備え、そうした商品を製造できる技術力を評価したという。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 596 文字 / 残り 289 文字)

外部リンク

秋田の最新ニュース