地上イージス配備、知事「新屋、直ちに候補地除外まで至らない」

会員向け記事
お気に入りに登録

 12月県議会は4日、本会議を開き、住谷達(自民)、石川ひとみ(社民)、小原正晃(つなぐ会)の3氏が一般質問した。佐竹敬久知事は、政府が地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を秋田市の陸上自衛隊新屋演習場に配備する計画を巡り、先月20日に面談した菅義偉官房長官から「再調査では住宅地との距離も考慮して評価する」と伝えられたことに関し「これをもって直ちに新屋演習場が配備候補地から除外されるまでには至らないと考えている」と述べ、慎重な構えを見せた。小原氏への答弁。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 703 文字 / 残り 469 文字)

秋田の最新ニュース