新ブランド米の名称、全国公募へ 県「多様なアイデアを」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県は、2022年度の市場デビューを目指す新ブランド米「秋系821」の名称を来年4月にも全国公募する。食味や外観、コンセプトなどを紹介した上で「秋田らしさ」などの条件を付さずに多様なアイデアを募るとしている。

 県によると、応募された案は有識者による選考で候補を絞り込み、佐竹敬久知事が秋までに最終決定する。品種登録を出願し、お披露目イベントを開く計画だ。

 公募の際に条件を付さないのは、幅広く自由な発想で名称を考えてもらうため。ロゴデザイン、キャッチコピーなども決め、統一的に展開していくという。

(全文 534 文字 / 残り 284 文字)