時代を語る・安藤恭子(8)毎日がルンルン気分

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
角館南高校の校庭で同級生たちと(左端)=昭和28年
角館南高校の校庭で同級生たちと(左端)=昭和28年

 昭和26(1951)年、県立角館高校の南校に入りました。南校は女子校。北校もあり、こちらは男子校でした。南校は私が2年生の時に県立角館南高校として独立。5年前には角館高校と統合し、新たな角館高校が誕生しています。

 小さい頃はめそめそしていた私も、高校生になるとだいぶ強くなりました。生徒が全員女という新しい世界で、毎日がルンルン気分でした。

(全文 750 文字 / 残り 579 文字)

この連載企画の記事一覧