雪下ろし中に転落、81歳男性けが 今季初、横手で雪害事故

お気に入りに登録

 5日午前8時50分ごろ、秋田県横手市横山町の男性(81)が自宅玄関風除室にはしごをかけて雪下ろしをしていた際、はしごが左に滑って約2メートル下の地面にはしごごと落下し、鼻骨骨折の重傷を負った。県警によると、県内の雪害事故は今季初めて。

 横手署によると、男性は午前8時ごろから1人ではしごに上って作業し、命綱やヘルメットを着けていなかった。風除室の高さは約2・8メートル。地面は除雪後で、コンクリートの上に2センチほどの積雪があった。