新会長候補に秋田出身の木村興治氏 対立続くテコンドー協会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
木村興治氏
木村興治氏

 強化方針を巡ってトップ選手と対立が続いている全日本テコンドー協会の新たな会長候補に、日本卓球協会の木村興治名誉副会長(秋田市出身)が挙がっていることが5日、複数の関係者の話で分かった。

 木村氏は同日、新理事選定を担う検証委員会の境田正樹委員長らと面会。同席した関係者は「(木村氏に)会長になってもらえればありがたい話。信頼の置ける印象を持った」と話した。

(全文 318 文字 / 残り 140 文字)