秋田市、子ども医療費助成の拡充検討 具体的な内容は今後

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市役所(資料写真)
秋田市役所(資料写真)

 秋田市は2020年度の実施に向け、子どもの医療費助成(福祉医療制度)の拡充を検討している。市当局が5日の市議会11月定例会本会議の一般質問で答弁したが、具体的な内容は明らかにしなかった。

 医療費助成は現在、未就学児から中学3年生までが対象。所得制限基準額を未就学児460万円以下(扶養親族の数によって異なる)、小中学生267万2千円以下(同)としている。0、1歳児の通院と0~6歳児の入院への助成は、所得制限を設けず市独自で実施している。

(全文 400 文字 / 残り 180 文字)

秋田の最新ニュース