シーズンの無事故を祈願 北秋田・森吉山阿仁スキー場

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
シーズン中の無事故を祈った森吉山阿仁スキー場の安全祈願祭
シーズン中の無事故を祈った森吉山阿仁スキー場の安全祈願祭

 北秋田市の森吉山阿仁スキー場で5日、安全祈願祭が行われた。同スキー場を運営するNPO法人・森吉山(片岡信幸理事長)や市、県の関係者ら約40人が出席し、シーズン中の無事故を祈った。

 この日の積雪は約60センチ。営業開始を予定している7日は全5コース中2コースが滑走可能となる見通し。祈願祭後、片岡理事長は「われわれの使命は安全に運営し、お客さんに喜んで帰ってもらうこと。運営で改善すべき点は改め、頑張っていきたい」とあいさつした。

 リフトが故障で停止し、利用客が降りられなくなった想定の救助訓練も行われた。スキー場の従業員は2人一組でロープや救助ベルトを使い、高さ約5メートルのリフトから降ろした。

(全文 495 文字 / 残り 196 文字)

秋田の最新ニュース