ジークブルガー通り、異国の彩りに 街路樹に電球1万6千個

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
1万6千個の電球がともされたジークブルガー通り
1万6千個の電球がともされたジークブルガー通り

 ドイツ風の建物が並ぶ秋田県湯沢市の中央通り商店街(通称・ジークブルガー通り)をイルミネーションで彩る「光のフュージョン」の点灯式が5日行われた。街路樹に設置された発光ダイオード(LED)の電球約1万6千個が通りを照らし、異国の夜の雰囲気を漂わせた。来年2月11日まで午後5~11時に点灯する。

 湯沢市はドイツのジークブルク市と交流があることから同商店街の25軒が1990年代、活性化を目的にジークブルク市の建物の特徴である三角屋根や、外壁に木組みを施すデザインに改装した。

(全文 500 文字 / 残り 263 文字)