橋本五郎さん、中曽根さんとの思い出語る 由利本荘で講演会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
中曽根さんに揮毫(きごう)してもらった「橋本五郎文庫」の看板の写真を手にする橋本さん
中曽根さんに揮毫(きごう)してもらった「橋本五郎文庫」の看板の写真を手にする橋本さん

 読売新聞特別編集委員の橋本五郎さん(72)=三種町出身=による「どうなる日本の政治」と題した講演会が3日、由利本荘市のホテルアイリスで開かれた。本荘あきぎん会(須田精一会長)の主催で、会員ら約150人が橋本さんの軽妙な語り口に耳を傾けた。

 橋本さんは講演で、政治記者として親交を深め、先月29日に亡くなった中曽根康弘さんとのエピソードの数々を紹介した。

(全文 456 文字 / 残り 279 文字)